ホーム

ようこそアルゴリズム研究室へ

コンピュータサイエンスとは、情報の性質・構造・論理を体系的に探求し、コンピュータの理論と応用を研究する学問であるといえます。 北海道大学 情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 アルゴリズム研究室では、その中心的テーマであるアルゴリズムの研究に取り組みます。具体的な研究内容としては、伝統的な計算量理論だけでなく、アルゴリズムの実用性を論ずる平均計算量解析や、発見的手法による高速アルゴリズムの研究開発を行います。また、情報セキュリティの分野で用いられる暗号や秘密計算のアルゴリズムの研究、さらに計算論的な学習理論とその応用も対象分野としています。
一方、このような様々な情報処理を実現するためには、大規模な論理データを効率よく扱うデータ構造とその処理アルゴリズムが非常に重要となります。その他にも、論理設計、並列計算アルゴリズム、分散コンピューティング等、理論と実用の両面からアルゴリズムの研究を進めていきます。

湊教授が企画・監修した日本科学未来館のアニメーションビデオ(YouTube再生回数が100万回を突破)


研究室(学生部屋)の様子



Last update: Feb. 6, 2013 by Webmaster, Page = "Home (Japanese)"