S_InstallDocuments

Symantec EndpointProtection?(MacOS版) 平成26年度 更新申請者各位

平成26年3月末より Symantec EndpointProtection?(SEP) MacOS版 のバージョンが 12.1 RU2から12.1 RU4へ上がります. つきましては,Mac OS X 10.7、10.8、10.9(Mavericks)を 御利用中の方は以下の手順に従って更新(再インストール)を 行って頂きますよう,お願い致します.

なお,RU4はMacOS X 10.6.8(Snow Leopard)には対応して おりませんため,MacOS X 10.6.8(Snow Leopard)端末には, そのまま12.1 RU2を御利用ください.

■Symantec EndpointProtection?(SEP) クライアントソフトウェア最新バージョン:12.1 RU4 (2014年3月末現在) 【動作環境】 Mac OS X 10.7、10.8、10.9(Mavericks) Mac OS X Server 10.7、10.8、10.9(Mavericks)

【非対応】 Symantec EndpointProtection? 12.1 RU4 は MacOS X 10.6.8(Snow Leopard)には対応しておりません.

■すでにインストール済みのセキュリティ対策ソフト削除 すでにSymantec社製のセキュリティソフト(旧バージョン等)や 他社製のウィルス対策ソフトがインストールされている場合は, それらを削除した後にSymantec EndpointProtection?(12.1 RU4)を インストールして下さい. なお,Symantec社製品専用のアンインストールツールが公開されて いますので,必要に応じて御利用ください. (ただし,このツールを使うとSymantec社製の全てのアプリケーションと 関連ファイルが消去されます) ↓ web検索(google等)で「RemoveSymantecMacFiles?」をキーワードとして 検索を行い,Symantec社サイトが提供している最新のツールを 御利用ください.


■Symantec EndpointProtection? 12.1 RU4 インストール


1.下記URLにアクセスするとインストール用ファイルのダウンロードが 開始されます.(学内からのみアクセス可能です)

http://www.hines.hokudai.ac.jp/symantec/sep121ru4_mac.zip

2.ダウンロードしたファイルを開いてインストーラーを 実行してください.

3.インストールが完了すると再起動を促すメッセージが表示されますので, 指示に従って再起動を行ってください。

4.最初の再起動時にLiveUpdate?の実行を促すエラーメッセージが 表示されますので,すぐにメニューバーに表示されている SymantecのアイコンからLiveUpdate?を実行してください.

■補足情報 MacOS X 10.6.8(Snow Leopard)端末でOSの再インストール を行った場合等は,以下の情報に従って RU2のインストールを行ってください.

注意:本学が提供しているSEP(12.1 RU2)は MacOS X 10.5(Leopard)以前のOSには対応していません. MacOS X 10.5(Leopard)以前のOSを御利用の方は, 別途市販ソフト等を御利用ください.


1.MacOS X 10.6.8(Snow Leopard)を御利用の場合は, 以下のURLからインストール用のファイルをダウンロードして インストールを行ってください.

http://www.hines.hokudai.ac.jp/symantec/sep121ru2_mac.zip


Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes